北朝鮮、軍需産業密集地の労働者を異例の海外派遣

北朝鮮の北西部に位置する慈江道(チャガンド)。軍需工場が密集しており、移動が非常に厳しく制限されている地域だ。通行証がなくても多くの地域へ訪問が可能な平壌市民でも、慈江道だけは自由に訪れることはできない。

慈江道の人が他の地域の人と結婚すれば、慈江道で暮らすことを強いられるほどだ。

しかし、国内の他地域に行くことすらままならないはずのこの地域の労働者が、外貨稼ぎのため中国の工場に派遣されたことが明らかになった。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。