韓国海洋警察、北朝鮮漁船を救助「3ヶ月間漂流」

韓国の海洋警察は11日から12日にかけて、日本海を漂流していた北朝鮮の漁船を発見、乗組員を救助した。韓国メディアが一斉に報じた。

韓国統一省の発表によると、海洋警察は、日本海側の排他的水位域内で漂流していた北朝鮮の漁船3隻を発見し、乗組員8人を救助した。3隻のうち1隻は、船体の損傷が激しかったため乗組員の同意を得た上で海上で廃棄し、残りの2隻は江原道(カンウォンド)の東海(トンヘ)港まで曳航した。

これらの船は同じ船団ではなく別々に航行していたが、中国漁船との衝突、エンジン故障、曳航索の切断で航行できなくなり、15日から長いもので3ヶ月間漂流していた。