中国の商務省は10日、国連安保理の経済制裁決議に従い、北朝鮮産の石炭の輸入を11日から一時停止することを発表した。この影響で石炭価格が暴落。北朝鮮の貿易会社は大慌てだと中国在住のデイリーNKの対北朝鮮情報筋が伝えてきた。

(関連記事:中国、北朝鮮産石炭の輸入を一時停止「制裁履行の一環」

情報筋によると、北朝鮮の貿易会社は「国連の制裁は大きな問題にはならなかったから、今回の輸入停止措置もさほど影響がないだろう」と見込んでいたようだ。しかし、中国商務省の公告通り、11日に輸入停止になったため、各社の担当者は非常に当惑しているという。