韓国の発明大会「生活発明コリア」で朝鮮人民軍(北朝鮮軍)出身の脱北者、キム・ジョンア氏が最高位の「大統領賞」を受賞した。

生活発明コリアは、韓国の特許庁と民間団体である韓国女性発明協会が、2014年から行っている大会だ。同協会によると、大会に脱北者が参加するのはキム氏がはじめて。出場者は24人で優勝したキム氏には、発明奨励金1000万ウォン(96万円)が与えられた。

キム氏が受賞した発明とは「スッキリする洗面台」。洗面台の排水口に設置することにより、髪の毛がつまらずに下水に流れていくという。実用性と機能性の両面で審査員と事前に実施されたネット投票などで高く評価された。

発明のきっかけは「夫婦げんか」だったという。洗面台の排水口がつまるたびに、誰が掃除するのかと夫婦げんかをしているうちに、夫が解消方法を見つけて発明につながったという。

キム氏は米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)のインタビューに対して、「小さなアイデアからはじまったが、このような大きな賞を受けることになってとても嬉しい。応援してくれた夫と家族に心から感謝します」と述べた。