北朝鮮消費者がニセモノ「韓国製品」を見抜くワザ

北朝鮮ではご禁制の韓国製品。売っても買っても取り締まりの対象となる。しかし、その人気は高く、市場のワゴンには数多くの韓国製品が陳列されている。ニセモノも多いが、北朝鮮の消費者は「裏技」で見抜く。その方法を平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。

ホンモノとニセモノを見分ける方法とは、バーコードの下に書かれた数字と国番号を確認すること。88で始まっているものは韓国製、49で始まっているものは日本製、69は中国製、そして86は北朝鮮製という認識が広まり、今や中学生でも知っているほどだという。

正しくいうと、韓国には880、日本には460から469、490から499、中国には690から695、そして北朝鮮には867という国番号が割り当てられている。必ずしも原産地を指すわけではないが、どこの国で製造されたかはわかる。