核武装テコに国際秩序に挑戦か…北朝鮮外相、国連総会で演説

北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は23日、第71回国連総会で演説し、「核戦力を強化するのは、わが共和国の一貫した路線」であると述べ、今後も核兵器開発に拍車をかける方針であることを明言した。朝鮮中央通信が伝えた。

李外相はまた、「国際的正義はひとりでに成されず、反帝・自主的な国々の力が強くてこそ実現される」として、核武装をテコに既存の国際秩序に挑戦していくつもりであることも示唆した。

朝鮮中央通信の報道全文は次のとおり。

朝鮮代表団団長 共和国政府は米国によって強要されている核戦争の危険を強力な核抑止力に頼って根源的に終息させる

【平壌9月24日発朝鮮中央通信】第71回国連総会で23日、朝鮮代表団団長の李容浩外相が演説した。

李外相は、「持続開発目標:われわれの世界を変革するための全人類的推進力」をテーマとする本会議がすべての国の平和な発展と繁栄を促すうえで有意義な寄与をすることを希望すると述べた。