北朝鮮の青少年の間で、韓国のEBS(教育放送)が制作した英語講座番組が人気を集めていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

北朝鮮に情報を流入させる活動を行う韓国の民間団体の関係者によると、映画やドラマがインターネットに公開されれば、即座にダウンロードされ、ファイルがUSBやSDカードなどに入れられて北朝鮮に入り拡散していく。

ファイルが記録されたUSB1個の値段は100元(約1530円)と、北朝鮮の水準からすればかなり高額だが、それでも買い求める北朝鮮の人々は多い。

ドラマ、映画より人気のコンテンツ

最近、北朝鮮で流通している韓流映画は、財閥と政治家とマスコミの癒着を暴く「インサイダーズ/内部者たち」(2015年公開)や、1930年代のソウルと上海を舞台にした諜報戦を描いた「暗殺」などだ。