北朝鮮外務省のスポークスマン(代弁人)は28日、国連安保理が北朝鮮の潜水艦ミサイル発射を非難する声明を出したことに対して「重大な敵対行為」としながら全面排撃するとの声明を発表した。同日、朝鮮中央通信が配信した。

声明は、「米国が国連安保理を盗用して演じた今回の公報文(非難声明)採択劇は共和国の自主権と尊厳に対する乱暴な侵害、朝鮮半島の平和と安定を害する無分別な挑発になる」と糾弾。

また「米国の指揮棒に踊らされてわれわれの自衛的抑止力強化に言い掛かりをつけたのは、国際機構としての公正さを完全に喪失し、朝米間の先鋭な対決で米国に便乗した不法非道な行為である」と非難した。