朝鮮戦争「戦勝記念」を冷めた目で見る北朝鮮の人々

北朝鮮は、毎年7月27日を「戦勝節」として盛大に祝う。1950年6月25日に始まった祖国解放戦争(朝鮮戦争)の休戦協定が結ばれたのが1953年7月27日だが、北朝鮮はこの日を「わが国の大勝利に終わった日」と宣伝している。

しかし、庶民は「なぜそんなに大騒ぎするのか」と冷めた目で見ている。それはこの日が「単なる休戦の日」であることを知っているためだ。

歴史歪曲を批判

平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋によると、27日には工場、企業所、学校で生産や授業を中断し、「戦勝節記念講演」「戦争老兵(退役軍人)たちとの集い」「芸術小組講演」など様々なイベントが行われた。しかし、人々の反応は鈍い。