米韓空軍が大規模訓練、戦闘機など100機以上が参加

米空軍は20日、韓国空軍と実施中の合同戦闘訓練「マックスサンダー」をメディアに公開した。

毎年恒例の同訓練では、両軍戦力が敵と味方に分かれ、空中戦や爆撃の訓練を行う。今年は15日から29日まで、韓国西部の全羅北道・群山(クンサン)飛行場で実施。米軍のF-16戦闘機やF/A-18戦闘爆撃機、韓国空軍のKF-16、F-15Kなどの戦闘機、FA-50軽戦闘機など計100機以上が参加している。

動員された人員は米空軍のほか陸・海軍と海兵隊から計1200人余り、韓国空軍からは約640人になる。