韓国と北朝鮮は11~12日の2日間にわたり、北朝鮮の開城工業団地で次官級当局者会談を開催。朝鮮戦争などで生き別れになった離散家族問題や南北交流の活性化が議題に上ったが、意見の隔たりが大きく、次回日程も決められないまま事実上決裂した。

韓国側は統一省の黄富起(ファン・ブギ)次官、北朝鮮側は祖国平和統一委員会書記局の田鍾秀(チョン・ジョンス)副局長が首席代表を務めた。

韓国の聯合ニュースが黄次官の話として伝えたところによると、韓国側は離散家族問題の全面解決や南北交流活性化策などを提案。それに対し、北朝鮮側は南北協力事業の金剛山観光の再開を最優先する姿勢を示し、接点を見いだせなかったという。

金剛山観光では、2008年に北朝鮮兵による韓国人観光客射殺事件が発生。今回、韓国側は再発防止などを話し合うための実務会談の開催も求めたが、北朝鮮は観光事業の再開をすべての前提とし、受け入れなかった模様だ。