暗殺、亡命、失脚…北朝鮮空軍「中東派兵」立役者たちの運命

朝鮮人民軍 海外戦記/中東編(8)

エジプトと北朝鮮の友好関係は、連載の最初に述べたようにムバラク政権崩壊までは続いていく。だが、第4次中東戦争で北朝鮮のパイロットをエジプトに派兵させた総参謀長のシャーズィリーは、北朝鮮のパイロットたちを指揮した空軍司令官、ムバラクとは運命を別にした。

【連載-1-】アラブ諸国に加勢しイスラエルと戦っていた北朝鮮空軍

nkegypt
第4次中東戦争の後、北朝鮮を訪問したエジプトの軍事代表団と金日成(前列中央)

イスラエルに初めて敗北感を与えたシャーズィリーは、そのままいけば国民的英雄になれるはずだったが、戦争中からサーダート大統領と衝突し、戦後、1973年12月に駐イギリス大使に、続いて駐ポルトガル大使に左遷された。