韓国南部の大邸(テグ)市。人口250万の韓国第三の大都市だが、保守的でよそ者に対して冷たいことで「定評」がある。その大邱に住む脱北者が最近、「脱大邱」する傾向にあると大邸の地方紙、嶺南日報が伝えた。

賑わう大邸の繁華街 ©JI HOON KIM
賑わう大邸の繁華街 ©JI HOON KIM

就職難に脱北者への偏見「脱大邸」する脱北者

昨年12月の時点で大邱市内に住んでいる脱北者は683人で昨年6月の702人に比べると減少している。脱北者が大邸を離れる理由として一番に挙げられるのは就職難だ。