金正恩体制が、「人道に対する罪」で裁かれようとしている。

「人道に対する罪」について、辞書は次のように説明している。「戦前または戦時中一切の一般人民に対して為された殺戮,殲滅,奴隷的虐使,追放その他の非人道的行為,または政治的,人種的もしくは宗教的理由に基づく迫害行為」(コトバンク)。

これ以上ないほどの恐ろしい罪だ。連想される名前はアドルフ・ヒトラー、ヨシフ・スターリン、ポル・ポトあたりだろうか。記憶に新しいところではスロボダン・ミロシェビッチ。いずれの人物も、「残酷な独裁者」と名高い。

現在進行形の「殺りく」

そしてここに、金正恩氏の名前が加えられようとしている。歴史に残る独裁者として、彼は世界史の1ページに深く刻み込まれようとしている。弱冠33歳の彼は、いつの間にこれほどの罪を犯したのか。