5日から訪朝中のジェフリー・フェルトマン国連事務次長と、北朝鮮の朴明国(パク・ミョングク)外務次官との会談が6日、平壌で行われた。朝鮮中央通信が伝えた。

同通信によれば、「会談では、朝鮮と国連事務局間の協力と朝鮮に対する国連機関の協調など互いに関心を寄せる問題に対する意見が交換された」という。

国連ではグテレス事務総長が、核兵器開発を巡り対立が先鋭化している北朝鮮と米国との対話の仲介に意欲を示してきた。

フェルトマン氏の訪朝は、北朝鮮側が9月に訪朝を提案し、今月初めに決まったとされる。国連幹部の訪朝は、2011年にエイモス人道問題調整官(当時)以来となる。一方、韓国人の潘基文(パン・ギムン)前事務総長も在任中に訪朝を推進したが、北朝鮮側は同氏を「米国の手先」と呼び、最終的に訪問を拒んだ。